闇金 手口

こんな金融業者にご注意!

闇金融業者は、ダイレクトメールやFAXあるいは電話でやさしく勧誘してきます。
が、一旦借りる と法外な利息を請求し、脅迫的な取立てを行う悪質な無登録業者です。

 

金利は、トイチ(10日で1割の利息)トサン・トゴ・トナナなどの超高金利を貪る業者が多く、以下のような業態でターゲットを物色しています。
また、、それ以外にも様々な形態があり、日々変化しているので注意が必要です。

 

システム金融

専ら自営業者や中小企業者に対して、超高金利で貸し付けを行う業者です。
当然のごとく貸金業無登録で、ダイレクトメールや電話・ファックス ・チラシ等で勧誘します。
また、過去に商工ローン業者などから借り入れた者のリストなどで勧誘する場合もあります。

 

1度でもこのような業者から借り入れをすると、他の闇金業者からも執拗に勧誘されるようになります。
業者同士が裏で情報を共有しているため、いわゆる業者のたらい回しにあうのです。

 

事業者を相手にしているため、手形や小切手を担保にとって、不渡りをネタにして高利を取り立て、支払い原資が足りなくなると次の業者の勧誘に合う、というように、一度取引してしまうと、悪循環に陥り、闇金業者と縁が切れなくなってしまいます。

 

090金融

携帯電話を使うので「090金融」と呼ばれています。
表立った事務所を持たず、プリペイド式の携帯電話で連絡を取り、車を使って直接現金の受け渡しを行うため、警察が摘発しようとしても業者の特定が非常に困難です。
主な対象は個人を相手にしており、5万円程度までの小口融資を行います。
集客は、ダイレクトメール・チラ シ、街中のたて看板などで、「破産者OK」や「ブラックOK」などが常套句です。

 

自動車金融

街中のたて看板や電柱ビラに、「車に乗ったまま融資」などと集客するのが自動車金融です。

 

その手口は、まず初めに、申込者(借り手)所有の車を闇金業者に売却する売買契約を締結 し、売買代金としてお金を支払います(=貸金)。
そして、新たに車のリース契約を結び、闇金側から借り手に車をリースするという 形にします。
借り手は定期的にリース料金を支払うことになりますが、実はこの料金が「高利な利息」となり、車に乗ったまま高利な利息を返済し続けることになります。
さらに、もし料金(=返済)を滞納すれば、ある日突然車を持って行かれてしまいます。

 

年金担保金融

お年寄りの年金を食い物にする悪質な手口です。
日本では、年金を担保に融資を受けることは法律上禁止されていますが、夕刊紙やスポーツ紙などに、「年金を担保に融資を行います」、「年金立替」などと広告掲載して集客します。

 

連絡を受けると、言葉巧みにお年寄りから年金証書、振込通帳、印鑑などを取り上げ、お金を貸し付けます。
受け取った証書などを使って、闇金業者は年金を受け取るのです。
さらに、借金を完済した後も年金証書などを返還せずに、年金を奪い続けるケースも少なくありません。 

 

紹介屋(コーチ屋)

甘い条件で融資広告を掲載し、連絡をすると「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないが、他の店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、そこで借入れした金額の一部を紹介料としてだまし取ります。
実際には、全く関係の無い業者を下調べし、債務者に教えるだけで何もしていな いケースが殆どです。

 

整理屋

「あなたの債務を整理・解決します」などと広告をし、多重債務者から「手付金」等の名目でお金を預かり、実際には、ほとんど或いは全く整理しないでだまし取ります。
中には、弁護士事務所が名前だけを貸しているケースもあるようで す。

 

買取屋(換金商法)

信用を調査する」などと称して、クレジットカードで指定の商品を買わせ、それらを格安の値段で買い取ります。
また、似たような手口として、「カードで現金化」などと広告し、クレジットカードで商品を買わせ、一定の現金を渡す換金商法もあります。
いすれの場合も、結果的に申込者にはクレジット会社への債務が残ります。

 

※クレジット会社に支払う意思がないのに換金目的でカードを使うと、申込者が詐欺罪に問われる可能性があります。また、自己破産しても債務が免責されない可能性もあります。

 

チケット金融

高速道路や新幹線の回数券などのチケットを、代金後払いという形で申込者に販売し、申込者はそのチケットを指定された金券ショップに持ち込むことで現金化させます。
チケットを販売した業者は、1週間〜10日後にチケットの額面通り販売代金の支払を要求します。

 

例えば、持ち込んだチケット換金率が80%だとすれば、金利は1週間で20%、これを年利にすれば1000%を超えるという仕組みになっています。

 

カラ貸し

実際には金を貸していないのに、電話や電報などで脅迫めいた取り立てを行い、強引に金を振り込ませる手口です。

 

押し貸し

契約もしていないのに、勝手に銀行口座に小額の現金を振り込み、法外な利息を要求します。
その後、厳しい取り立てに合い、返済金を工面するために違う業者から借金を繰り返して、結局 最後には破綻してしまう人が急増しています。

 

架空請求・不当請求

別の債権者から債権を譲り受けたと偽って、債務(貸金)の返済を求めたり、使ってもいないアダルトサイト等の使用料を請求してだまし取ります。
また、出会い系サイト等に無料と偽って登録させ、高額な料金を不当に請求するケースもあります。

 

名義貸し

「消費者金融会社の調査」などの名目でアルバイトを募集し、「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社からお金を借りさせ、一定のアルバイト料を支払ったうえで「返済はこちらでやっておく」と発行されたカードもろとも金銭をだまし取ります。
その後、だまし取られたカードで返済と借入を繰り返されるため、返済が行われている間は発覚しませんが、最終的には限度額まで借りられてしまい、申込者に債務だけが残ります。

 

以上、紹介した闇金の手口は、ただ単に暴利をむさぼるものや、金融というより詐欺まがいのものまで色々です。

 

借りる前にはきちんとチェック!

 

お金を借りる際には、最低限以下のポイントをチェックしましょう。

 

・ 貸金業の登録業者であるかを確認する:貸金業者は営業所内に「貸金業者登録票」及び「貸付条件表」の掲示が義務付けられています。※登録業者で も法定金利(年20%)を超える利息を要求するところもあるので要注意。

 

・ 利息計算、返済方法、手数料などをきちんと説明できる業者かをチェックする。 

 

・ ダイレクトメール、電話・FAX、チラシなどのうまい話に惑わされないようにする。

 

上記以外にも様々な闇金の手口がありますが、いずれのケースも慎重に行動することが大切です。

 

 

 

トップページでは、安全・迅速に闇金問題を解決する方法をお伝えしています。